WORKS

Classic-Based Art 胡蝶の「古典からの創作」

伝統に培われた各書体を基に、文言の意味とイメージを線に託して現代に通じる表現をします。
情緒や余韻、余白を大切にし、想像力が広がる書ならではの美を生み出します。
作品の仕上げは、軸装丁や額装丁のオリジナル・デザインにあります。
現代のインテリア作品としても新しい書の魅力を引き出します。

古典創作「老鶴飛」サムネイル
作品名 老鶴飛
サイズ --

2021「CACA銀座classic展」にて太白賞を受賞した作品。鶴は老いても尚高く飛ぼうとすることから、人も志を持って長生きすることが大切の意。

古典創作「飛龍」サムネイル
作品名 飛龍
サイズ --

明治時代の政治家"副島蒼海"の書いた「龍」の字をもとに、それに合う「飛」を組み合わせて書いた倣書作品です。

古典創作「慈風」サムネイル
作品名 慈風
サイズ --

鎌倉時代の臨済宗の僧侶"大燈国師"の書いた「風」の字をもとにそれに合う「慈」と組み合わせて書いた倣書作品です。

古典創作「游山澤観魚鳥」サムネイル
作品名 游山澤観魚鳥
サイズ 775×165mm

中国の漢文を篆書体で書きました。自然の中に身を置きたいという願望から、この言葉を選びました。

古典創作「愛染」サムネイル
作品名 愛染
サイズ 835×420mm

富山にある棟方志功の美術館「愛染苑」から着想を得ました。孔雀は愛に染まると羽を広げ、求愛します。孔雀が愛欲(煩悩)を飲み込むことから魔除けの役割もあります。

古典創作「剣舞」サムネイル
作品名 剣舞
サイズ 1055×345mm

時代劇「たそがれ清兵衛」の劇中、背景の掛け軸に「剱」の文字が見え、「剱舞」の着想を得ました。細い線を強調させ、軽やかに剱を振り回すイメージで書いた作品です。

※サイズ表記について

サイズ表記について

表記してあるサイズは、軸全体ではなく、中の作品部分のサイズになります。